サンフランシスコでサイクリング体験談2(フォートポイント国立歴史地区へ)

サイクリングで、フォートポイント国立歴史地区までやってきました!

フォートポイント国立歴史地区

 

ゴールデンゲート・ブリッジ南端の下にある建物が、フォートポイント国立歴史地区です。

 

1853〜1861年に、海上の攻撃から街を守るため建設された
花崗岩とレンガ造りの砦で、現在は、博物館となっています。

 

≪スポンサードリンク≫

 

フォートポイント博物館入り口

 

フォートポイントは、橋のたもとにあるので、眺めは最高!
ただ、夏でも冷たい風が吹くとのことなので、羽織るものは必須のようです。

 

私たちは、4月に訪れましたが・・・
お天気がイマイチな上、風も強いし、かなり寒かったですね。

 

ちなみに、うちの亭主殿は、あまりの寒さに、フォートポイントの売店で
“The Golden Gate National Parks” ロゴ入りフリースベストをご購入。

 

貧乏旅行に、お値段50ドルはちょっと痛かったなぁ〜。^^;

 

フォートポイント博物館

 

花崗岩とレンガ造りの元要塞・・・かなりの貫禄です。

 

▼フォートポイント博物館の案内図がありました。

 

フォートポイント博物館の案内図

 

博物館の屋上は、こんな感じで、自由に歩きまわれます。↓

 

フォートポイント博物館の屋上

 

屋上から見下ろした博物館内の様子です。↓

 

フォートポイント博物館内の様子

 

当時は、126の大砲が装備されていたといいますが、
現在も、古い剣や銃、大砲、写真などが、博物館内に展示されて、ものものしいです。

 

フォートポイント博物館内の様子

 

屋上から空を見上げると、ゴールデンゲート・ブリッジの巨大な姿が、迫力です!↓

 

ゴールデンゲート・ブリッジ

 

ゴールデンゲート・ブリッジをバックに、ここで記念撮影すると最高なのですが、
海からの冷たい潮風がビュービューと吹きつけてくるので、
4月だというのに、かなり寒さでした。(+_+)

 

反対側を見上げると、ゴールデンゲート・ブリッジ下の舞台裏?が見えていました!

 

ゴールデンゲートブリッジ

 

⇒次のページでは、ゴールデンゲートブリッジを渡っていきます!

 

≪スポンサードリンク≫