サンフランシスコでサイクリング体験談1(自転車を借りる)

サンフランシスコを、サイクリングで満喫してきました(*^。^*)

サンフランシスコの観光地を、サイクリングで巡る旅・・・ってなんか憧れませんか?(^.^)

 

それは、私たちの旅の最終日。
意を決して、憧れのゴールデンゲート・ブリッジを自転車で渡ってきました!

 

レンタルした2台の自転車

 

サンフランシスコ観光をしていると、車などで、
ゴールデンゲートブリッジを、何度か行き来するチャンスがあると思います。

 

ですが、海風を感じながら自転車で渡るというのは、また格別な素晴らしさです。(*^。^*)
最終目的地のサウサリートも、おしゃれで素敵な海辺の街でしたよ。

 

そんな私たちのサイクリング体験記を、写真付きでご紹介します。

 

≪スポンサードリンク≫

 

 

サイクリングの情報源は、現地の観光ガイドさんから!

私たちが、「サンフランシスコで、サイクリングをしよう!」って思ったのは、
現地の観光ガイドさんから言われたひとことがキッカケです。

 

「ゴールデンゲートブリッジは、徒歩と自転車のどちらでも渡れますよ」・・・と。

 

それまでゴールデンゲートブリッジは、遠くから眺めるのがいいと思っていましたし、
ガイドさんの話を聞いた時も、正直「ふ〜ん」くらいの気持ちしかなかったんです。

 

ですが、宿泊ホテルのロビーで、レンタルバイク店のチラシを見かけたことや、
旅行最終日のプランがなかなか決まらなかったこともあり、
「せっかくだから、行こうか!」・・・・と軽い気持ちで、サイクリング決行となったのです。

 

ただ困ったのは、詳しい情報がなかったことですね。^^;
日本から持参したガイドブックには、何の情報もありませんでした。(2006年当時)

 

英語で書かれた地図だけが頼り。(英語だって、そんなしゃべれないのに!)
そんなわけで、行き当たりばったりのサイクリングとなったのでした・・・。(*^^)v

 

 

レンタルバイク店で自転車を借りる!

フィッシャーマンズワーフにあるレンタルバイク店で、自転車を2台借りました。

 

店員さんとのやりとりは、ずいぶん時間がかかりました。^^;
ただ、私たちの英語力不足のため・・・です。

 

それでも、店員さんから、初心者向けの最短距離コースを教えてもらえましたし、
無計画にしては、まずまずなスタートが切れたかな?って思います。(^.^)

 

サイクリングコース地図

 

サイクリングコースが示された地図です。
赤い線が初心者向けの最短コースですね。

 

フィッシャーマンズワーフ(現在地)から海沿いを通って、まずはゴールデンゲート・ブリッジへ。
橋を渡ってからは、サウサリートの街を目指します。
帰りは、サウサリートの港からフェリーに乗り、ピア41へ戻ってくる予定。

 

 

さぁ!いよいよ出発だ!

あいにくのお天気。空はドンヨリ

 

お天気は、あいにくの曇り・・・。
少し寒かったけれど、しっかり着込んで出発です。
写真は管理人です。(゚∀゚〃)

 

直線距離で、5kmほど先にあるゴールデンゲート・ブリッジを目指して出発です。

 

アクアティック・パークビーチと国立海洋博物館

 

出発して、10分ほどの場所。
来た道を振り返ると、サイクリングコースの向こうに、
アクアティック・パークビーチと国立海洋博物館(右端)が見えています。↑

 

フォートメイソン

 

フォートメイソンまでやってきました。↑
小高い丘をえっちらおっちら登っている途中。ちょっと息切れ。(゚∀゚〃)

 

遠くの方に、うっすらとですが、ゴールデンゲート・ブリッジが確認でき、
気分も高まってきました。(*^。^*)

 

歩道が広いので走りやすい

 

小高い丘を下り、今度はのどかな住宅街をひたすら走り続けます。
歩道が広いので、とても走りやすかったです。
どこからともなく、サイクリング仲間がチラホラ現れました。(^.^)

 

ゴールデンゲート・ブリッジが目前

 

出発して約40分、ゴールデンゲート・ブリッジが目前に迫ってきました。

 

アメリカ軍の方々

 

途中、アメリカ軍の方たちが、なにやら活動されている所に遭遇。

 

ドラマや映画などではお馴染みの軍の車両が、少し気になりましたが、
横を素通りして、ゴールデンゲートブリッジを目指します。

 

ゴールデンゲート・ブリッジの全貌が見えてきた

 

ようやく、ゴールデンゲート・ブリッジの全貌が確認できる位置までやってきました。
霧が濃いのに、てっぺん以外は、ハッキリとその姿が確認できます。(^.^)

 

ゴールデンゲートブリッジが、オレンジ色に塗装されているのは、
霧の中でも、くっきり見えるように、
そして、コントラストが美しいから、という理由なのだそうです。

 

なんかロマンチックですよね〜。(*^。^*)

 

⇒次のページでは、フォートポイント国立歴史地区へ向かいます。

 

≪スポンサードリンク≫