ケーブルカー博物館で、ケーブルカーが動くしくみが理解できた!

ケーブルカーが動くしくみを、ケーブルカー博物館で見てきました。

どんなに急な坂道でも、軽々と走っていくケーブルカーですが、
でも、これって、どんな仕組みで動いてるのか、あなたは知っていますか?

 

地下でゴーゴーと音がしているのも、不思議ですよね。
そんな、わからないことだらけの疑問も、ケーブルカー博物館に行ったら全部わかりました!(^.^)

 

坂道を走るケーブルカー

 

ケーブルカー博物館で、ぜんぶ動かしてる!?

このレンガ造りの建物が、ケーブルカー博物館です。
私たちが知りたかったケーブルカーの秘密は、ぜんぶこの施設の中にありました。(*^。^*)

 

ケーブルカー博物館

 

施設の中に入ると、巨大な滑車が4つ、ゴーゴーゴーゴーと、すごい音を立てて回っていたんです。

 

巨大な操縦輪

 

巨大な操縦輪

 

巨大な操縦輪

 

サンフランシスコの街を走る、3路線のケーブルカー。
そのすべてを動かしているのが、ここの滑車とケーブルなんだそうです。!
すごい迫力です。

 

ケーブルの駆動部

 

ケーブルを外に送りだすために、巨大なモーターを使って、
大きな滑車を回しているんですね。

 

ケーブルカーのパワーの源ですね。

 

 

どうやってケーブルが外に送り出されるの?

ケーブルカー博物館から、ケーブルがどうやって外に出されるのか?
気になっていましたが、ケーブルカー博物館の断面図に描かれていました。

 

ケーブルを道路の下へと送り出すのにも、大きな滑車を使っているんですね。

 

ケーブルカー博物館の断面図

 

 

ケーブルは、ぐるっと路線をひとまわり!

ケーブルカー博物館を出発点に、送り出されたすべてのケーブルは、
それぞれの路線をぐるっとひと回りして、戻ってきているそうです。

 

↓黄色い四角は、ケーブルカー博物館を表しています。

 

ケーブルのルート

 

 

ケーブルカーのコントロールは?

なんと!ケーブルカーは、操縦レバーひとつだけで
コントロールされているのだそうです!(↓黒い棒が操縦レバー)

 

ケーブルカーの操縦レバーとグリップマン

 

操縦レバーのしくみは?というと・・・

 

路面下を走るケーブルをつかむと、ケーブルカーが走り、
ケーブルを離すと止まる、という単純なもの・・・なんですね。

 

常に回転しつづけているケーブルをつかむだけで、ケーブルカーが動く、ということですね。(*^。^*)

 

ブレーキのしくみ

 

ブレーキのツメ

 

ケーブルカーを動かすのに、こんなしくみがあったんですね。

 

道路の下で、ゴーゴーと音を立てていたのは、ケーブルが地下を走る音だったわけです。

 

ケーブル博物館内で、ケーブルがゴーゴーと音を立ててまわる様子を
動画で撮影してきましたので、よければ、ご覧になってくださいね。(^.^)
       ↓

 

≪スポンサードリンク≫